海外ジャーナルレビュー : 「癌」

閉経後CEEホルモン補充療法は乳がん発症を減らす:WHI試験の長期結果
Association of Menopausal Hormone Therapy With Breast Cancer Incidence and Mortality During Long-term Follow-up of the Women’s Health Initiative Randomized Clinical Trials [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:July 2020
巻:324
開始ページ:369
【背景】
Women’s Health Initiative試験は、閉経後女性(n=16,608)に結合型エストロゲン(CEE)+酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)またはプラセボを、さらに子宮摘出後女性(n=10,739)にCEE単独またはプラセボを割り付けるランダム化比較試験であり、CEE+MPAでは乳がんリスクが上昇することが明らかになり試験が中途終了、一方でCEEは乳がんリスクが低下する可能性が示された。Lundquist InstituteのChlebowskiらは、同試験の長期フォローアップ結果を報告した。
【結論】
累積フォローアップは中央値20年となった。乳がん発症率はCEE単独群で年率0.30%、プラセボ群では0.37%と、CEE投与により有意に低下した(ハザード比0.78)。また乳がん死亡もそれぞれ30件、46件と有意に減少した(0.60)。一方でCEE+MPA群の乳がん発症率は0.45%と有意に上昇(1.28)、死亡も増加傾向であった(1.35)がこちらは有意ではなかった。
【評価】
WHI試験の結果はホルモン補充療法の施行を一時減少させたが、その後見直しが進んでいる。この20年結果でもEPTでは乳がんリスクが上昇、ETではリスクが低下することが確認された。治療選択における重要な考慮事項となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰