海外ジャーナルレビュー : 「癌」

膀胱がん初回化学療法後のペムブロリズマブ維持療法:第2相RCT
Randomized Double-Blind Phase II Study of Maintenance Pembrolizumab Versus Placebo After First-Line Chemotherapy in Patients With Metastatic Urothelial Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:June 2020
巻:38
開始ページ:1797
【背景】
進行した尿路上皮がんではプラチナ化学療法が標準治療となるが、ほとんどの患者は治療終了後に進行をみる。Icahn School of Medicine at Mount SinaiのGalskyらは、初回のプラチナ化学療法で少なくとも疾患安定した進行尿路上皮がん患者を、ペムブロリズマブまたはプラセボによる維持療法に割り付ける第2相ランダム化比較試験を実施した(n=108)。
【結論】
客観的奏効率はペムブロリズマブ群で23%、プラセボ群で10%であった。治療に伴うグレード3/4の有害事象は、それぞれ59%、38%で発生した。無増悪生存期間はペムブロリズマブ群5.4ヵ月、プラセボ群3.0ヵ月とペムブロリズマブ群で延長した(ハザード比0.65)。全生存期間はそれぞれ22ヵ月、18.7ヵ月であった。
【評価】
進行後のセカンドライン使用ではなく、化学療法終了後すぐに維持ペムブロリズマブにスイッチするというアイデアを検討した第2相で、ペムブロリズマブによるPFSを示した。PD-L1阻害薬アベルマブでもスイッチアプローチが有望結果を示しており、新たな標準治療となりうるか注目される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰