海外ジャーナルレビュー : 「癌」

がんと新型コロナ(COVID-19):CCC19コホート研究
Clinical impact of COVID-19 on patients with cancer (CCC19): a cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet
年月:June 2020
巻:395
開始ページ:1907
【背景】
新型コロナウイルスSARS-CoV-2感染によるCOVID-19では、併存疾患が予後不良因子とされているが、がん患者にフォーカスしたデータは不足していた。アメリカAdvanced Cancer Research GroupのKudererらは、COVID-19 and Cancer Consortium(CCC19)データベースに、2020年3月17日から4月16日にベースラインデータが登録されたアメリカ・カナダ・スペインの重症SARS-CoV-2患者の特徴・予後因子を報告した(n=928)。
【結論】
乳がん患者(21%)と前立腺がん患者(16%)の割合が高かった。39%が抗がん剤治療中で、43%が非寛解がんであった。解析が行われた5月7日時点で121名(13%)が死亡していた。30日死亡率と関連する独立因子として、年齢(10歳増ごとにオッズ比1.84)、男性(オッズ比1.63)、喫煙歴(1.60)、併存疾患(2つの併存疾患でオッズ比4.50)、ECOGパフォーマンスステータスが2以上(3.89)、非寛解(進行がんでオッズ比5.20)、アジスロマイシン+ヒドロキシクロロキンの投与(2.93)があった。カナダ・アメリカ中西部在住は死亡率低下と関連した。人種・肥満・癌種・抗がん剤・手術については関連が見られなかった。
【評価】
すでに2000人分を超える、がんとCOVID-19に関する最も包括的なデータベースである。抗がん剤治療を受けるCOVID-19患者について報告したイギリスからの併載論文(https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)31173-9)と合わせて、COVID-19患者でのがん治療が死亡率に有意な影響を与えないことを確認した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰