海外ジャーナルレビュー : 「癌」

リンチ症候群でのアスピリン服用は大腸がんを予防する:CAPP2試験の10年結果
Cancer prevention with aspirin in hereditary colorectal cancer (Lynch syndrome), 10-year follow-up and registry-based 20-year data in the CAPP2 study: a double-blind, randomised, placebo-controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet
年月:June 2020
巻:395
開始ページ:1855
【背景】
CAPP2試験は、世界43施設のリンチ症候群患者(n=861)を2年間のアスピリン(一日600mg)またはプラセボ治療に割り付けるランダム化比較試験であり、初期報告では有効性に差はなかったものの、2011年にアスピリン群での癌発生が有意に低下したことを報告している。イギリスNewcastle UniversityのBurnらは、同試験の予定フォローアップ期間10年の終了に伴い、その結果を報告した。
【結論】
総フォローアップ期間は約8,500人年となった。アスピリン群の9%、プラセボ群の13%が大腸がんを発症し、アスピリン群でハザード比が有意に低下した(ハザード比0.65)。2年間の介入を完了し患者(n=509)に限ったper protocol解析では、ハザード比は0.56、発症率比は0.50であった。大腸以外のリンチ症候群関連がんはアスピリン群の36名、プラセボ群の36名で報告され、群間差はなかった。リンチ症候群関連がん全体では、per-protocol解析でのみアスピリンの有効性が認められた(ハザード比0.63)。有害事象は両群同等であった。
【評価】
56ヵ月時点での報告(https://doi.org/10.1016/S0140-6736(11)61049-0)に続いて、この10年結果でも大腸がん予防効果が認められた。一日量を300mgや100mgに減らすCaPP3試験も行われている(ISRCTN16261285)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰