海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

短時間睡眠や睡眠時間変動は心血管疾患・死亡のリスクを高める
Association of Longitudinal Patterns of Habitual Sleep Duration With Risk of Cardiovascular Events and All-Cause Mortality [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:May 2020
巻:3
開始ページ:e205246
【背景】
睡眠の健康影響に関しては多くの研究が蓄積されている。中国Peking University(北京大学)のBaoらは、Kailuan study登録者52,599名を対象として、睡眠パターンの心血管イベント(CVE)・死亡へのインパクトを検討する前向研究を行った。パターンは、標準時間・安定(7.4〜7.5h)、標準時間から低下、短時間から増加 、短時間・安定(4.2〜4.9h)に分類した。一次アウトカムは、初回CVE(心房細動・心筋梗塞・脳卒中)、もしくは死亡の発生である。
【結論】
標準時間・安定パターンと比べ、「短時間から増加」パターンが初回CVE発生のリスク増と(HR:1.22)、「標準時間から低下」パターンが全原因死亡リスク増と(HR:1.34)関連し、「短時間安定」パターンはCVE(HR:1.47)・死亡(HR:1.50)リスクが最も高かった。
【評価】
短時間睡眠は高齢者においてのみ死亡率と関連するとした米国研究もある(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18714780/)。日本からは、睡眠は長すぎるのも(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28890167/)、短すぎるのも(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27743803/)高リスクである、というレビューが出ている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰