海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

中年女性は生活習慣を改めれば26年脳卒中リスクを25%下げられる
Hypothetical Lifestyle Strategies in Middle-Aged Women and the Long-Term Risk of Stroke [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Stroke
年月:April 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
生活習慣を変えると脳卒中発生率が低減することが示唆されるが、長期RCTは不可能であり、確認のためには長期・大規模・前向観察研究が必要である。Harvard T.H. Chan School of Public HealthのJainらは、Nurses’ Health Study参加者59,727名の1986年以後のデータを用いて、ライフスタイル戦略と脳卒中の26年リスクとの間の関連を推定した。
【結論】
ベースラインで平均年齢52歳の女性において、生活習慣変更がない場合の推定26年リスクは、全脳卒中4.7%、虚血性脳卒中2.4%であった(出血性脳卒中0.7%)。非食事性戦略の組み合わせでは、これらのリスクは各3.5%・ 1.6%であった。魚・ナッツ多摂取、未加工赤肉少摂取のダイエットのみ戦略では、全脳卒中リスク低下幅はより少なかった。未加工および加工赤肉の少摂取は虚血性脳卒中リスクをより低減させる一方、魚多摂取は出血性脳卒中をより低減させた。
【評価】
多くの疫学テーマで「最終結論」を出してきたHarvard Chan研究が、「50歳で生活習慣を改めた女性は、26年脳卒中リスクを25%も下げられる」 という結論を出した。メディアにも多く取り上げられている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰