海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

合併症のない小児虫垂炎での非外科的治療、1/3は1年以内に手術に
Association of Nonoperative Management Using Antibiotic Therapy vs Laparoscopic Appendectomy With Treatment Success and Disability Days in Children With Uncomplicated Appendicitis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:July 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
合併症のない成人虫垂炎では、手術によらない抗菌薬による治療で安全であることが示唆されている。Ohio State UniversityのMinneciらは、アメリカ7州で単純性虫垂炎の治療を受けた小児(7〜17歳)患者とその家族に、抗菌薬療法または緊急腹腔鏡下虫垂切除を選択してもらい、1年間の臥床日数と抗菌薬療法の成功率を評価した(n=1,068)。
【結論】
患者・家族の35%が抗菌薬治療を、65%が手術を選択した。フォローアップ完遂率は75%であった。IPTW解析では、抗菌薬治療患者のうち、1年間虫垂切除を要さなかったのは67.1%であった。臥床日数は抗菌薬治療群で6.6日、手術群で10.9日であった。
【評価】
抗菌薬治療群の患者では日常生活への復帰が速く、2/3は1年間虫垂切除を要さなかった。小児においても保存的治療が選択肢とみなされるだろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰