海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

救命救急士を加えて急性期脳卒中の管理を改善できるか
Effect of an Enhanced Paramedic Acute Stroke Treatment Assessment on Thrombolysis Delivery During Emergency Stroke Care: A Cluster Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:JAMA Neurology
年月:July 2020
巻:77
開始ページ:840
【背景】
急性虚血性脳卒中では早期の血栓溶解療法が予後に直結するため、迅速な患者評価が重要となる。イギリスNewcastle UniversityのPriceらは、3ヵ所の救急ステーションの救命救急士をPASTA介入(病院前での情報収集、構造化された引継ぎ、引継ぎ後15分の診療援助、出動前のチェックリスト、意思からのフィードバック)と標準治療に割り付け、急性脳卒中患者における血栓溶解療法実施率への影響を見るクラスターランダム化比較試験を実施した。
【結論】
1,214名の患者が参加した。うち500名はPASTA介入の訓練を受けた救命士242名によって評価され、714名は標準治療を継続する救命士355名に評価された。PASTA介入群では、治療エピソード完了までに平均13.4分長い時間を要した。血栓溶解療法は、PASTA群39.4%、標準治療群44.7%で実施された(オッズ比0.81、非有意)。90日時点で各群64.0%、66.8%の患者で障害(mRSが3以上)が認められた(オッズ比0.86、非有意)。
【評価】
予想に反して、PASTA介入は血栓溶解療法の実施率を非有意ながら下げ、これによるアウトカム悪化もなかった。PASTA介入が期待とは異なる方向で患者選択を改善した可能性もあり、さらなる調査に値する。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰