海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

虚血性脳卒中・TIA後急性期からのチカグレロル+アスピリンで再発減:THALES試験
Ticagrelor and Aspirin or Aspirin Alone in Acute Ischemic Stroke or TIA [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:July 2020
巻:383
開始ページ:207
【背景】
チカグレロルは非重症急性脳卒中・一過性脳虚血発作(TIA)患者における再発予防で、アスピリンに優らないことが示されているが、アスピリンとの併用はどうか。University of Texas at AustinのJohnstonらは、血栓溶解・血栓回収を要しないNIHSSスコアが5以下の急性虚血性脳卒中およびTIA患者を、発症24時間以内にチカグレロル+アスピリンまたはプラセボ+アスピリンに割り付ける多施設ランダム化比較試験THALESを実施した(n=11,016)。
【結論】
30日以内の脳卒中・死亡はチカグレロル併用群5.5%、アスピリン単独群6.6%であった(ハザード比0.83)。虚血性脳卒中はそれぞれ5.0%、6.3%で発生した(0.79)。30日以内の障害に群間差はなかった。重大な出血はチカグレロル併用群0.5%、アスピリン群の0.1%で発生した。
【評価】
クロピドグレルでのCHANCE試験(http://doi.org/10.1056/NEJMoa1215340)・POINT試験(http://doi.org/10.1056/NEJMoa1800410)と同様に、二剤併用による抗血小板療法は(出血の増加を代償に)再発イベントを減少させた。クロピドグレルとチカグレロルが次なる課題となる(NCT04078737)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰