海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

重度腎機能障害のない重症患者でのセフェピム脳症は稀
Effect of Cefepime on Neurotoxicity Development in Critically Ill Adults With Renal Dysfunction [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Chest
年月:July 2020
巻:158
開始ページ:157
【背景】
セファロスポリン系抗菌薬セフェピムは神経障害のリスクが高いことが知られているが、腎機能との関連はどのようなものか。Rush University Medical CenterのKhanらは、クレアチニン・クリアランス60 mL/分未満で、48時間以上セフェピム投与を受けた重症成人患者(n=200)におけるセフェピム関連神経毒性を評価した。
【結論】
108名が低用量、92名が高用量での投与を受けた。セフェピム関連神経毒性は低用量群(4%)、高用量群(10%)とも高頻度ではなかった(オッズ比2.82)。これは腎機能障害が中等度のサブグループでも同様であった(5% vs. 7%、オッズ比1.42)。一方、腎機能障害が重度のサブグループでは、高用量群で関連神経毒性が増加した(0 vs. 16%)。神経毒性までの時間に、用量との関連はみられなかった。セフェピム関連神経毒性を発症した患者の多く(92%)で意識変容がみられた。
【評価】
先行報告では、セフェピムによる神経毒性患者の多くが腎機能障害を有しており、関連が注目されていた。この研究では、腎機能障害を有する患者でのセフェピム脳症は比較的稀であったが、重度腎機能障害を有する患者では増加傾向がみられ、さらなる調査を必要とする。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰