海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

自然気胸の初期管理、何が有効・安全か:系統的レビュー・ベイジアンネットワークメタ解析
Comparative Effectiveness of Interventions in Initial Management of Spontaneous Pneumothorax: A Systematic Review and a Bayesian Network Meta-analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Annals of Emergency Medicine
年月:July 2020
巻:76
開始ページ:88
【背景】
原発性自然気胸は若年男性で多くみられ、軽度では保存的管理も可能とされているが各種介入の有効性については十分確立されていない。Cleveland Clinic FoundationのMummadiらは、システマティックレビュー・メタアナリシスを行い、緊急性でない自然気胸成人患者に対する有効・安全な早期介入を探索した。
【結論】
12件の研究(n=781)が含まれた。有効性について針穿刺吸引、細径ドレーン(14フレンチ未満)または太径ドレーン(14フレンチ以上)によるドレナージ、ハイムリッヒ弁の有無で有意な差は認められなかった。一方で安全性解析では、針穿刺吸引が太径ドレーンよりも有意に合併症が少なかった(オッズ比0.10)。また有意ではないが、細径ドレーンよりも針穿刺吸引(オッズ比0.29)が、太径ドレーンよりも細径ドレーン(0.35)が安全な傾向であった。有効性についてのSUCRCが高かったのは細径ドレーンで(64%)、安全性では針穿刺吸引のSUCRCが高かった(95.8%)。
【評価】
このメタ解析では細径ドレーンの有効性と針穿刺吸引の安全性が示されたが、最近のRCTでは中等度・高度な自然気胸でも保存的管理が非劣性であることを示しており(https://doi.org/10.1056/NEJMoa1910775)、保存的管理が安全な患者では侵襲的処置は不要とみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰