海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

NAVAモードはICU患者の院内死亡を減らす?:フィジビリティRCT
Neurally adjusted ventilatory assist versus pressure support ventilation: a randomized controlled feasibility trial performed in patients at risk of prolonged mechanical ventilation [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care
年月:May 2020
巻:24
開始ページ:220
【背景】
神経調節補助換気(neurally adjusted ventilatory assist)は、横隔膜を電気的にモニタリングすることで高い同期性をもった換気補助が可能となる人工呼吸器モードである。イギリスKing’s College HospitalのHadfieldらは、同病院4つのICUで、長期人工呼吸リスクのある重症患者に、NAVAまたは圧支持換気(PSV)を割り付けるランダム化比較試験を実施した(n=79)。
【結論】
割り付けモードの遵守率はNAVA群83.1%、PSV群100%で、プロトコル遵守率はそれぞれ66.7%、100%であった。NAVA群では、28日目までの人工呼吸不要日数が多く(中央値差3.0日)、院内死亡が少なかった(相対リスク0.5)。鎮静レベルは同程度であったが、RASSスコアはNAVA群で0に近かった。人工呼吸期間、滞在期間、28日死亡率、90日死亡率に差はなかった。
【評価】
NAVAと通常換気モードを比較する試験の実現可能性を評価する研究であり、VFDや院内死亡でのベネフィットはあくまで探索的解析の結果である。とはいえ長期の人工呼吸が必要な患者でNAVAの有望性が示されたことで、さらなる検証が期待される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰