海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

グラム陰性菌血症でのCRPガイド抗菌治療
Effect of C-Reactive Protein-Guided Antibiotic Treatment Duration, 7-Day Treatment, or 14-Day Treatment on 30-Day Clinical Failure Rate in Patients With Uncomplicated Gram-Negative Bacteremia: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:June 2020
巻:323
開始ページ:2160
【背景】
バイオマーカーを抗菌薬治療のガイドとすることで、不要な投与期間を短縮することは可能か。スイスGeneva University Hospitalsのvon Dachらは、三次医療施設のグラム陰性菌血症入院患者504名を、C反応性蛋白(CRP)ガイド治療(ピーク値から75%低下で中止)、7日間の治療、14日間の治療に割り付けるランダム化非劣性試験を実施した。
【結論】
30日時点での治療失敗率はCRPガイド群2.4%、7日間群6.6%、14日間群5.5%であった。90日治療失敗率はそれぞれ7.0%、10.6%、10.5%であった。
【評価】
いずれのグループも治療失敗は少なく、CRPガイド治療は非劣性基準を満たした。CRPガイド群の抗菌薬期間は中央値7日で、グラム陰性菌血症での抗菌薬は7日間で安全という先行結果(http://doi.org/10.1093/cid/ciy1054)を補強するデータとみることもできる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰