海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

女性の心停止患者ではAEDが使われにくい
Gender disparities in the application of public-access AED pads among OHCA patients in public locations [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Resuscitation
年月:May 2020
巻:150
開始ページ:60
【背景】
女性の心停止患者は心肺蘇生を受けにくいというデータが浮上している。日本Otsuma Women's University(大妻女子大学)のKiyoharaらは、大阪市の院外心停止レジストリのデータから、2011〜18年に公共の場所で発生した心停止において市民救助者によるAEDの使用と患者性別との関連を調査した(n=4,358)。
【結論】
15歳未満の患者ではAEDパッドの使用に有意な差は見られなかった(男性5.3% vs. 女性6.3%、調整オッズ比1.00)。50〜74歳(16.8% vs. 12.7%、0.96)、75歳以上(12.3% vs. 14.8%、1.45)でも同様であったが、15〜49歳では、女性患者はAEDを用いられる可能性が有意に低かった(12.1% vs. 5.2%、0.54)。
【評価】
カナダからも同様の報告があげられている(https://doi.org/10.1016/j.resuscitation.2020.02.024)。女性の心停止患者はCPRを受けにくい(https://doi.org/10.1016/j.mayocp.2018.12.028)だけでなく、AEDも使われにくい可能性がある。「女性にCPRをしたらセクハラで訴えられる」などのデマもしばしば人口に上っており、ジェンダー障壁に焦点をあてた啓蒙・教育が必要と考えられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰