海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ガイドラインベースのCADリスク評価に多遺伝子リスクスコアを追加すべきか
Limitations of Contemporary Guidelines for Managing Patients at High Genetic Risk of Coronary Artery Disease [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:June 2020
巻:75
開始ページ:2769
【背景】
CAD(冠動脈疾患)の多遺伝子リスクスコア(PRS)はガイドラインによるリスク評価とどの程度交差し、1次予防に寄与しうるか。Harvard Medical SchoolのNatarajanらは、3つのアメリカ医療システムから47,108名を抽出し、GWAS解析を行った。
【結論】
CAD PRSはCADと有意に関連し(OR:1.42/SD)、PRS高値(上位5%・20%)のCADオッズは、各2.3・1.9倍であった。CAD PRS高値はACC/AHA・USPSTFのスタチン推奨と一致しなかった。スタチン処方率はPRS上位20%において僅かに有意差がみられたが、上位5%では有意差は見られなかった。もしCAD PRSをガイドラインベースリスク因子に追加した場合、4.1%の患者に1次予防スタチンが処方されることになる。.
【評価】
ガイドラインのスタチン開始推奨とPRS評価によるそれとの解離を示し、CAD PRSの独立因子としての重要性を確認した。しかし全患者のSNP確認はコスト便益が低く、グレーゾーン患者での利用がリーズナブルであろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰