海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

米VA病院で心不全患者再入院率は低減
Trends in Readmission and Mortality Rates Following Heart Failure Hospitalization in the Veterans Affairs Health Care System From 2007 to 2017 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:June 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
米退役軍人局(VA)医療システムは、2007〜2017年の10年間心不全患者の再入院率低減プログラムを推進してきたが、その成果は。Stanford UniversityのParizoらは、VA病院164,566名の患者データに基づき、30日間再入院率と死亡率の変化を解析するコホート研究を行った(総入院件数:304,374件)。
【結論】
30日間再入院率は2%、1年間再入院率は1.1%、低減した(OR:0.85[vs. 2007〜2018])。ただし、30日間死亡率に有意差はみられなかった。
【評価】
2018年に行われたMedicareシステムの心不全患者を対象とした同様の調査では、退院後30日間死亡率は増加しており、再入院にペナルティをかけるプログラム(HRRP)のしわ寄せではないかとの懸念があった。VA病院プログラムはより外来患者のモニタリングを重視するもので、患者レベルにおいてはMedicareよりも優れた介入であった可能性がある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰