海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

HFrEFに対する「4剤5径路修飾療法(CDMPT)」の概念を実証
Estimating lifetime benefits of comprehensive disease-modifying pharmacological therapies in patients with heart failure with reduced ejection fraction: a comparative analysis of three randomised controlled trials [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:July 2020
巻:396
開始ページ:121
【背景】
HFrEFに対しACEi・ARB以外に4系(ARNi・BB・MRA・SGLT2i)のオプションが存在しているが、それらを併用するとどうか。Brigham and Women's HospitalのVaduganathanらは、3 RCT(EMPHASIS-HF・PARADIGM-HF・DAPA-HF)のデータに基づき、ARNI・BB・MRA・ SGLT2iの4剤併用(包括的疾患修飾薬物療法[CDMPT])とACEi/ARB・BB併用の生存効果を比較するクロスオーバー解析を行った。一次エンドポイントは、心血管関連死・心不全入院である。
【結論】
一次エンドポイントにおけるCDMPTの有効性を認めた(HR:0.38)。心血管因死亡単独、心不全入院単独、全死因死亡においても有効性が示された。CDMPTにより、心血管関連死・心不全入院フリー期間は80歳で2.7年、55歳で8.3年延長し、55歳では生存期間が1.4〜6.3年延長した。
【評価】
4種の薬剤で5径路を修飾するという新しい戦略概念で、HFrEFに対する新しいスタンダードとなりうることを示唆した。重要問題であるため、直接的RCTが正当化される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰