海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ロシア研究が示す、乳児心手術でのデキサメタゾン使用は無益、というDECISION
Effect of Intraoperative Dexamethasone on Major Complications and Mortality Among Infants Undergoing Cardiac Surgery: The DECISION Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:June 2020
巻:323
開始ページ:2485
【背景】
小児心臓手術でデキサメタゾンの術中使用を推奨する向きがあるが、エビデンスは。ロシアNovosibirsk State UniversityのLomivorotovら(DECISION)は、394名の12ヵ月以内乳幼児患者(心肺バイパス使用)を対象としてこれを検証するRCTを行った(対照:生食)。一次エンドポイントは、術後30日での死亡・非致死性心筋梗塞・体外膜酸素化必要性・CPR必要性・AKI・長期人工換気・神経学的合併症である。
【結論】
デキサメタゾン術中使用の一次エンドポイント効果を認めず、事前指定二次エンドポイント17でも有意差はなかった。
【評価】
成人では有効性が否定されている(https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/1389612)。小児では古典的な多国サーベイが、「より確定的研究が必要」としていた(https://journals.lww.com/pccmjournal/Abstract/2005/07000/Steroid_use_before_pediatric_cardiac_operations.7.aspx)。中国・ブラジルとともに行ったロシア研究だが、著者らは「未だパワー不足かもしれない」と留保をつけている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰