海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

PUREにグローバルに示す、「女性は男性より心血管疾患に強い」
Variations between women and men in risk factors, treatments, cardiovascular disease incidence, and death in 27 high-income, middle-income, and low-income countries (PURE): a prospective cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:July 2020
巻:396
開始ページ:97
【背景】
心血管系疾患(CVD)の性差が高所得国(HIC)で示されてきたが、グローバル研究は存在しない。カナダPopulation Health Research InstituteのWalli-Attaeiら(PURE)は、HIC・中低所得国(LMIC)27ヶ国の202,072名を対象とする前向コホート研究を行った(フォローアップ期間中央値9.5年)。
【結論】
経済的ステータスに関わらず、CVDリスク(INTERHEART・Framinhamリスクスコア)は女性で低かった(p<0.0001)。1次予防は女性で高頻度にみられ、CVD(aHR:0.75)・全死因死亡(aHR:0.62)両リスク共女性は有意に低かった。2次予防において女性で介入は少なかったが、CVD再発(aHR:0.73)・新規CVD発症後30日死亡(p<0.0001)リスクは女性で有意に低かった。これら性差はLMICで顕著にみられた。
【評価】
ユニークなグローバル疫学結果を発表し続けているPURE(https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(14)62000-6/fulltext)が、女性は男性よりCVDに罹りにくく(介入が少ないものの)アウトカムが不良でない、という結果を導いた。差異がHICでよりLMICで著しい、というのは更なる探求に値する初所見である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰