海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

家族性高コレステロール血症での高Lp(a)値は「診断確認バイアス」?
Ascertainment Bias in the Association Between Elevated Lipoprotein(a) and Familial Hypercholesterolemia [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:June 2020
巻:75
開始ページ:2682
【背景】
家族性高コレステロール血症(FH)患者で血中Lp(a)が上昇することが知られるが、その機構は。カナダUniversity of British ColumbiaのTrinderらは、臨床的FH患者コホート(n=391)とFH遺伝子診断患者コホート(UK Biobank、n=37,486)を比較した。
【結論】
臨床的FHコホートでのLp(a)の有意増が確認され、rs10455872-G LPAリスクアレル高頻度と関連したが、このバリアントの存非はLp(a)濃度と関連しなかった。このことはUK Biobankコホートでも確認された。
【評価】
著者らの結論は意外にも、FHとLp(a)増の間には因果的関連はなく、臨床場面でLp(a)増により高脂血症患者からFHが同定されやすい(診断確認バイアス)、というものである。FH患者でLp(a)を治療標的とすべきか、という観点からも重要な問題を提起した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰