海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

急性脳梗塞患者、着院‐tPA開始時間は45〜60分以内に
Association Between Thrombolytic Door-to-Needle Time and 1-Year Mortality and Readmission in Patients With Acute Ischemic Stroke [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:June 2020
巻:323
開始ページ:2170
【背景】
急性期脳梗塞患者へのtPA投与は発症後早いほど良いが、着院からtPA投与開始までの時間(door to needle: DTN)は。UCLAのManらは、Get With The Guidelines-Stroke(GWTG-S)登録患者61,426名(発症4.5時間以内tPA投与)のデータを解析した。患一次アウトカムは、1年全原因死亡・全原因再入院、およびその複合である。
【結論】
DTN 45分以上(79.2%)の、DTN 45分以内に対する一次アウトカム増を認めた(HR:1.13)。全原因死亡・再入院とも有意に多かった。同様の関係はDTN 60分以上/以下の比較でも認められた。
【評価】
GWTG-SはAHAとASAが脳卒中患者の治療水準を向上させるために行っている一連の取り組みで、DTNが短いほど予後がよい、という常識的な結論をビッグデータで確実なものにした。DTNを短くするという観点からは、先ずCTでtPA投与の可否を判断し、その後tPAを投与しながらMRIを撮影しつつ血栓回収の準備を進めるという流れが基本になる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰