海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

DAEDALUSメタアナリシスが示す、ステント再狭窄への対応指針
Drug-Coated Balloon Angioplasty Versus Drug-Eluting Stent Implantation in Patients With Coronary Stent Restenosis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:June 2020
巻:75
開始ページ:2664
【背景】
ステント内再狭窄(ISR)に対する再PCIの技法選択は重要な問題であり、多くの報告・レビューがある。ドイツTechnische Universitat MunchenのGiacoppoら(DAEDALUS)は、10 RCT(BMS-ISR:n=710、DES-IRS:n=1,248)に関する個別患者レベルメタアナリシスを行った。一次有効性エンドポイントは3年内のTLR、一次安全性エンドポイントは3年内の死亡・心筋梗塞・標的病巣血栓症の複合である。
【結論】
BMS-IRSに対してはDCB血管形成術とDES留置術は効果・安全性ともに同等であった。他方、DES-IRSに対するDCBは、DESに対し一次安全エンドポイントで非有意にではあるが劣っており、一次有効性エンドポイントでは有意に劣っていた(HR:1.58)。なお、総体としてはDES-ISRはBMS-ISRより治療不成功が多かった(HR:0.55)。
【評価】
DCB とDESのBMS-ISRとDES-ISRへの効果を斉一的に比較するという初めての分かりやすいデザインで、BMS-IRSに対しては両者同等だが、DES-IRSに対しては再DESが優ることを示した。ガイドラインのための主要エビデンスとなりえる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰