海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

自己拡張型 vs バルーン拡張型TAVIデバイスは同等:SOLVE-TAVI
Comparison of newer generation self-expandable vs. balloon-expandable valves in transcatheter aortic valve implantation: the randomized SOLVE-TAVI trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:May 2020
巻:2020
開始ページ:1890
【背景】
新規TAVIデバイス自己拡張型人工弁(SEV、Evolut R)は、バルーン拡張型人工弁(BEV、Sapien 3)との直接比較試験が望ましい。ドイツUniversity of LeipzigのThieleら(SOLVE-TAVI)は、大動脈弁狭窄症患者447名を対象にこれらデバイスを比較する多施設オープンラベルRCTを行った。一次エンドポイントは、30日時の全死因死亡・脳卒中・中等度/重度の人工弁逆流(PVL)・恒久ペースメーカー留置である。
【結論】
一次エンドポイント効果は両デバイスで同等であった(SEV 28.4%、BEV 26.1%)。全死因死亡率はSEV 3.2% vs. BEV 2.3%、脳卒中は0.5% vs. 4.7%、中等度/重度のPVLは3.4% vs. 1.5%、恒久ペースメーカー留置は23.0% vs. 19.2%であった。
【評価】
次世代デバイスSEVとBEVの同等性を示す初の直接比較試験である。CHOICE、REPRISE IIIの結果からもデバイスの優劣はつけ難く、筆者らやEHJ Editorialが述べるように、個別症例の解剖学的特徴などから適合デバイスを検討すべきである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰