海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

最大規模メタ解析で降圧療法の認知症リスク低減を示す
Association of Blood Pressure Lowering With Incident Dementia or Cognitive Impairment: A Systematic Review and Meta-analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:May 2020
巻:323
開始ページ:1934
【背景】
降圧療法による血圧低減は認知能保持に有益であるとされているが、確認が必要である。アイルランドNUI Galway and Saolta University Hospital GroupのHughesらは、14 RCT(n=96,158)の系統レビュー・メタ解析を行った。
【結論】
フォローアップ期間平均49.2ヶ月で、降圧剤による血圧低下で認知症・認知機能障害リスクの有意な低減を認めた(OR:0.93、絶対リスク差0.39%)。しかし、血圧低下幅と認知機能テストスコアの間には有意な関係は見られなかった。
【評価】
多く肯定的な関連が認められている主題を、SPRINT MINDやHOPE-3等代表的新RCTを包含する現在まで最大規模のメタ解析で、確実なものにした。ただし、効果規模は大きいとはいえない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰