海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

急性期脳梗塞に対する血栓除去は「どこでも」できるか: ブラジル一般病院で検証
Thrombectomy for Stroke in the Public Health Care System of Brazil [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:June 2020
巻:382
開始ページ:2316
【背景】
急性期脳主幹動脈閉塞に対する機械的血栓除去術は、途上国や一般病院でも実行できるか。ブラジルGrady Memorial HospitalのNogueiraら(RESILIENT)は、同国ヘルスケア12公的病院で、この問題を検証するRCTを行った(n=690)。一次エンドポイントは、90日目の機能予後(mRS:0〜6)である。
【結論】
221例(血栓除去群111例、対照群110例)が登録された段階で、血栓除去の明確な一次エンドポイント有効性のため新規登録を停止した(OR:2.28、絶対差15.1%)。症候性頭蓋内出血は両群とも4.5%発生した。
【評価】
研究開始段階では1センターだけが血管内血栓除去経験があり、他センター医は現在進行形でトレーニングを受けた、という。血栓除去術群の90日死亡率は従来の報告より高いが対照よりは優れ、途上国の公的病院でも血栓除去術が有効に実現できることを示した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰