FDAニュース : 医療機器情報

Zimmer Biomet社の脳神経外科手術支援ロボットROSA Brain 3.0をクラスIリコール
Zimmer Biomet Recalls ROSA Brain 3.0 Robotic Surgery System Due to Software Issue that Incorrectly Positions the Robotic Arm [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/11/18
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Medical Device-
製品名:ROSA Brain v3.0.0.0, v3.0.0.5
企業名:Zimmer Biomet
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:
【要約】
FDAは、Zimmer Biomet社による脳神経外科手術支援ロボットROSA Brain 3.0のリコールを、最も深刻なクラスIに指定した。
【詳細】
Zimmer Biomet社は、脳神経外科手術支援ロボットのROSA Brain v3.0.0.0(v3.0.0.16 software)およびROSA Brain v3.0.0.5(v3.0.0.20 software)をリコールしている。ソフトウェアの不具合によって患者に危害が及ぶ可能性があるためである。FDAは、本件を最も深刻なクラスIに指定した。死亡例はこれまでに報告されていないが、ロボットアームが誤った位置へ移動することで1名が負傷し、その他に4件のトラブルが発生している。同社はすでに、この問題を回避するための応急措置を公表している。また、同社エンジニアが修正ソフトウェアの入れ替えを順次進めている。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 手術支援ロボティックシステムの現況と今後の展開
  2. 高機能手術室とは何か - その現状と問題点 -
  3. 術中MRIと手術ロボットによる最先端脳外科手術
  4. 手術支援ロボット開発の現状と展望
  5. 脳外科:脳神経外科における手術支援ロボット―戦術ロボットと戦略ロボット―


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰