FDAニュース : 医療機器情報

Endologix社製腹部大動脈瘤治療用ステントグラフトのタイプIIIエンドリークに関する安全性情報
Update on Risk of Type III Endoleaks with Use of Endologix AFX Endovascular AAA Graft Systems: FDA Safety Communication [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/10/28
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Medical Device-
製品名:AFX with Strata, AFX with Duraply, AFX2
企業名:Endologix, Inc.
国内製品名:
国内一般名:大動脈用ステントグラフト
国内企業名:日本ライフライン株式会社
【要約】
FDAは、Endologix社製ステントグラフトを用いた腹部大動脈瘤治療患者におけるタイプIIIエンドリークのリスクについて、安全性情報を更新する。
【詳細】
FDAは、Endologix社製ステントグラフト(AFX with Strata、AFX with Duraply、AFX2)を用いた腹部大動脈瘤(AAA)治療患者におけるタイプIIIエンドリークのリスクについて、安全性情報を更新する。これらのEndologix社製AFXステントグラフトを用いたAAA治療患者では、他社製ステントグラフトを用いた患者よりタイプIIIエンドリークのリスクが大きい可能性がある(Strataのリスクについては、以前に指摘済み)。ステントグラフトによるAAA治療は定期的フォローアップを要するが、Endologix社製ステントグラフトを用いたAAA治療患者では、年1回以上のフォローアップ画像診断が必要である。この情報は、最近の学会抄録や進行中のLEOPARD試験(Endologix社製と他社製を無作為割付して比較)の途中結果に基づく。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 4 日本におけるステントグラフトの現状
  2. 5 ステントグラフトの手技・ピットフォール 腹部大動脈瘤
  3. ステントグラフト内挿術における今後の展望と課題
  4. 8 腹部大動脈瘤 ―ステントか外科治療か―
  5. 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の周術期管理
  6. 腹部大動脈


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰