FDAニュース : 医療機器情報

IPnetのサイバーセキュリティ脆弱性による医療機器と病院ネットワークへのリスクについて情報提供
URGENT/11 Cybersecurity Vulnerabilities in a Widely-Used Third-Party Software Component May Introduce Risks During Use of Certain Medical Devices: FDA Safety Communication [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/10/01
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Medical Device-
製品名:
企業名:
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:
【要約】
FDAは、ネットワーク通信ソフトウェアコンポーネントIPnetのサイバーセキュリティ脆弱性による、医療機器と病院ネットワークへのリスクについて注意喚起する。
【詳細】
FDAは、セキュリティ会社が特定して “URGENT/11” として公開した、IPnetのサイバーセキュリティ脆弱性に注意喚起する。IPnetはサードパーティ製ネットワーク通信ソフトウェアコンポーネントであり、現在オリジナルべンダーはサポートしていないが、ライセンスされた企業がサポートなしで使い続けている。したがって、多くの機器・ソフト・システムの一部として今も使用されている。URGENT/11で指摘されたサイバーセキュリティ脆弱性を用いて、第三者が遠隔操作で医療機器を乗っ取り機能改変し、サービス停止・情報漏洩・論理欠陥等を引き起こす可能性がある。有害事象は今のところ確認されていないが、メーカー・医療提供者・医療施設は対応が必要である。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 情報セキュリティ意識向上への取り組み 〜標的型攻撃メールを想定した防災訓練の実施
  2. 医療におけるサイバーセキュリティの現状と課題
  3. バイオリスクマネジメントの標準化
  4. 医療機器・システムにおけるサイバーセキュリティに関する国際動向
  5. インターネット, SNS利用における, 情報モラル, 情報リテラシー, 情報セキュリティに関する文献検討


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰