FDAニュース : 医薬品情報

PD-L1高発現の転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の第一選択薬としてTECENTRIQを承認
FDA approves atezolizumab for first-line treatment of metastatic NSCLC with high PD-L1 expression [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2020/05/18
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:TECENTRIQ (atezolizumab)
企業名:Genentech Inc.
国内製品名:
国内一般名:アテゾリズマブ(遺伝子組換え)
国内企業名:中外製薬株式会社
【要約】
FDAは、EGFRまたはALK遺伝子に異常がないPD-L1高発現の転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の第一選択薬として、TECENTRIQ(atezolizumab)を承認した。
【詳細】
FDAは、EGFRまたはALK遺伝子に異常がないPD-L1高発現(TC≧50%またはIC≧10%)の転移性非小細胞肺癌(NSCLC)患者の第一選択薬として、TECENTRIQ(atezolizumab:抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体)を承認した。また適応患者選別のために、コンパニオン診断キット:VENTANA PD-L1 (SP142) Assay(Ventana Medical Systems, Inc.)を同時承認した。本承認は、ステージIV NSCLC患者の参加した国際・多施設・無作為化・オープンラベル臨床試験IMpower110(NCT02409342)の結果に基づく。本臨床試験(単剤)での一般的な副作用は疲労だった。
関連するメディカルオンライン文献
  1. (24) 肺癌治療薬
  2. 第24回 抗悪性腫瘍剤 / 抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体 テセントリク(R) アテゾリズマブ (遺伝子組み換え)
  3. I. 免疫チェックポイント阻害剤の変遷
  4. 肺癌におけるがん免疫療法の進展
  5. No. 5 非小細胞肺がんのゲノム医療
  6. 免疫チェックポイント阻害薬の効果を増強する併用療法


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site
冉巖 天巖 徭田 裕田 遍匈/天胆眉雫頭/忽恢繁撹篇撞壓瀛啼/嶄猟涙鷹忖鳥壓濆杰